【まとめ】子宮頸がんによる広汎子宮全摘手術後~現在までの体調の変化

さーさ
さーさ

こんにちは。さーさです。

ワタシは46歳の時に子宮頸がんになり広汎子宮全摘術を受けました。

広汎子宮全摘術は、子宮、卵管、卵巣、膣の一部、子宮周辺の組織や骨盤内のリンパ節まで広範囲を切除します。

それにより、排尿障害やリンパ浮腫と言った後遺症が出ました。

後遺症は手術を行った全ての人に出る訳ではないし、程度も全然違いますが。

これから手術をする方は不安だと思うので、「だいたいこんな感じで症状が出るんだな」という程度に読んでみてくださいね。

すでに手術を終えた方は、「他の人はこうなんだ」と情報交換のつもりで読んでいただけたら嬉しいです。

さーさ
さーさ

実は、物忘れがひどいワタシの備忘録でもある。

治療の内容

術前検査にて、「1B2期」「右骨盤リンパ節陽性」と診断されたため、広汎子宮全摘手術を受ける。

術後の病理検査ではリンパ節陰性であったが、「間質浸潤深さ14mm」のため再発リスク(中)と判断され、放射線+抗がん剤の追加治療を受けた。

排尿障害の様子

退院時尿意を感じない。
自力で出す事ができないので道具を使う。
術後1ヶ月半尿意を感じない。
前かがみになって圧を加えれば自力で出せる時もある。
少量ずつしか出せない。
術後3ヶ月~現在尿意は感じないが、お腹が圧迫されてくる感覚で溜まっているのがわかる。
前かがみになって圧を加えれば完ぺきに自力で出せる。
少量ずつのため少し時間がかかる。
ジャンプをすると少し尿漏れする。(年齢のせいかも)
生活に支障なし。

広汎子宮全摘術を受けて、最初にショックを受けたのは「排尿障害」でした。

全く尿意を感じないし、どうやっても自力で出せない。

「自分で道具を使えるようにならないと退院できないよ。」と言われたので、2日でマスターし、医者にびっくりされました(笑)。

リンパ浮腫の様子

退院時浮腫みなし。
両ももの表面がピリピリする。
術後1ヶ月半鼠径部と下腹部が柔らかく浮腫む。
ごくまれに、左鼠径部がチクチク痛む。
下着のゴムが痛くなる。
術後半年左鼠径部と下腹部が柔らかく浮腫む。
たまに腹部全体が張る。
ごくまれに、左鼠径部がチクチク痛む。
ごくまれに、外陰部が硬く浮腫む。
術後1年~現在左鼠径部と下腹部が柔らかく浮腫む。
たまに腹部全体が張る。
時々、左足全体が重だるく感じる。
左鼠径部を押すと鈍く痛む。
生活に支障はないが、ゆったりした服しか着れなくなる。

術後半年~1年目ぐらいが、一番浮腫みました。
放射線と抗がん剤の追加治療をしたせいかもしれません。

浮腫みは、横になったりマッサージしたりすれば、一旦すっきりします。

婦人科で相談したら「この程度なら自分でドレナージして」と言われたので、治療院には行っていません。

下腹部のリンパ浮腫はおしりの筋肉を動かそう。【骨盤おしりリフレ】レビュー リンパ浮腫の治療をするまでもない軽いむくみに。【レッグリフレ】レビュー

ドライマウスの様子

退院時症状なし。
術後1年半~現在舌の表面がピリピリする。
たまに、上あごや唇の内側がピリピリする。
舌の左半分がしびれる感じがする。
生活に支障なし。

術後1年半で、突然症状が出ました。

「化学療法による口腔乾燥」と言われましたが、治療中には全く出なかったのでびっくりです。

それだけ「抗がん剤」って強力なんですね・・・。

その舌のピリピリ。子宮頚がんの化学療法による口内乾燥の副作用かも。

更年期障害の様子

退院時たまに軽いめまい。
術後3年~現在ホットフラッシュが起こる。

術後は女性ホルモンを補充する「エストラーナテープ」を使用していましたが、50歳になり、一般的に閉経を迎える年齢になったので、外す事になりました。

途端に、ホットフラッシュがやってきました(笑)。

後遺症はレッツポジティブシンキングで

広汎子宮全摘術を受けてから今日までの、ワタシの体調の変化をまとめてみました。

後遺症は、強く出る人もいれば、全くなんともない人もいます。

出るも出ないも、ワタシは「運」だと思っているんですよ。

癌になったのも運。

運が悪かっただけ。

いや、むしろ発見できて、今こうして生きていられるんだから、運が良かったのかもしれない。

さーさ
さーさ

レッツポジティブシンキング!!

ありのままを受け入れて。
ほんの少しあらがって。

以上、「【まとめ】子宮頸がんによる広汎子宮全摘手術後~現在までの体調の変化」でした。

さーさ
さーさ

またね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください