犬の夜の散歩には光るお散歩ライトを付けて身を守りましょう

https://sa-sa-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2448.png
さーさ

こんにちは。ちわわ大好きさーさです。

猛暑です。危険レベルです。
なので、犬のお散歩を夜にすることにしました。

なるべく明るい道を通る様にしてるんだけど、無灯火の自転車にぶつかりそうになったりしてとても危険です。

ワタシと犬の身を守るため、それぞれライトをつけてますよ。

夏の散歩はとても危険

梅雨が明けると気温はぐんぐん上がり、連日30℃を超えるようになってくると、人間よりも地面に近い犬の体は、照り返しを直に浴びてかなりのダメージを受ける事になります。
熱中症になっちゃいますよ!

また、真夏のアスファルトの温度は50~60℃にもなると言われています。
かわいい肉球が大やけどです。

https://sa-sa-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2448.png
さーさ

絶対に日中の散歩はやめようね。

ワタシはいつも散歩の前に、手でアスファルトを触って確認してますよ。

夜のお散歩グッズ

我が家のお散歩グッズを紹介します★

  • お散歩ライト
  • 懐中電灯
  • お散歩バッグ
  • 水の入ったペットボトル
  • うんち袋

犬にお散歩ライトを付けるだけでなく、人間も懐中電灯を持った方がいいです。
うんちを残さず拾わないといけないからね。
また、自転車とぶつかりそうになる事もしばしばで。

自分の身を守るためにも、ライトで存在をアピールしましょう。

レビュー:お散歩ライトをつけてみた

ワタシが使っているのは、ぶら下げるタイプの小さなライトです。
本体をひねると点滅が始まり、逆にひねれば止まるというシンプルな物。

我が家のちわわ、首輪はしてません。
なので、胸の真ん中あたりのリードに、ぶら下がる様にライトを付けました。

これが全然ダメ~!

歩く時にちょうど前足辺りを照らすので、光が揺れて怖いみたい…。

肩の所に付け直してみましたよ。

光が気にならなくなり、スタスタといつも通りにお散歩できました★

夜のお散歩は安全第一で

お散歩ライトの光は、そんなに強くありません。
暗闇の中で犬の全体像がわかるって程でもありません。
でも、「何かがいるな」と言うのはアピールできます。

お散歩バッグなど数か所に付けたり、飼い主も懐中電灯を持ったりして、周りに存在を知ってもらう事が大事。

https://sa-sa-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2448.png
さーさ

不要な事故や怪我はごめんだからねー。

他にも光るお散歩グッズ、いろいろ出てますよ。

▼首輪タイプ▼

▼リードタイプ▼

▼ぶら下げるタイプ▼

以上、『犬の夜の散歩には光るお散歩ライトを付けて身を守りましょう』でした。

https://sa-sa-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2448.png
さーさ

またね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください