工事現場で車を汚された!たった1週間で解決する方法

さーさ
さーさ

こんにちは。40代主婦さーさです。

工事現場で車を汚されてしまいました…。

洗車しても落ちないし、元通りにするには10万円以上かかると言われるし。
苦情を言っても証拠がある訳ではないしなぁ。

ほぼ諦めモードに入っていたんだけど。

ディーラーが「絶対言った方がいい!」と背中を押してくれたので相手と連絡を取ってみたら、なんと1週間で全ての事が解決しましたよ★

被害状況

大規模な住宅建設現場の前で、道路を片側通行にしていました。

交通整理の方の指示通りに停車中、横に止めてあった工事車両から水のようなものが降ってきて、一瞬、車のフロントとガラスにかかりました。

直後、交通整理の方に「進んで」とジェスチャーされたので、ワイパーをかけてそのまま帰宅しました。

家について見てみると、フロントとガラスに、ポツポツと雨粒の跡のようなものが残ってしまっています。

コイン洗車に行ってみたけど、フロントガラスの汚れだけは取る事ができません。

翌日、ディーラーに見てもらうと、「削ると細かな傷が入ってしまうのでお勧めしません。フロントガラス取り替えになっちゃいますね」と…。

新車購入してから、まだ1年3ヶ月。

「絶対工事現場の人に言った方がいいですよ。ちゃんとした会社なら誠実な対応をしてくれますからっ。」と訴える事を勧められました。

❶自動車保険の内容を確認する

まずは自分の入っている自動車保険を確認します。

我が家は「東京海上日動火災保険」。
車の損害が補償される「車両保険」はつけてなかった…。

しかし、相手と交渉するのに間に入ってもらえるのかもと思い、保険会社に連絡しました。

保険会社
保険会社

費用の事で相手ともめて裁判になるような事になれば、その際の弁護士費用は保険から支払われます。

我が家の入っている保険の内容では、「相手との交渉は自分でやってね」って事でした。

❷建設会社に連絡する

直接工事現場に言いに行くと、上司まで話が行かずうやむやにされる恐れがあるので、建設会社HPの「お問い合わせ」からメールしてみました。
(建設会社の名称は、工事現場の出入り口付近に掲げられています。)

その日のうちに返信があり、こちらの住所や電話番号を伝え、翌日には会社担当者と現場監督の方が車を見に来られました。

さーさ
さーさ

ご丁寧にお菓子までいただきました。

そこで被害にあった時の状況を説明し、工事側の資料と照らし合わせ、確かに過失だと言う事に。

とても丁寧に、「ご迷惑をお掛けしました。修理代を保険で支払います。」と言う事になりました。

❸修理に出す

ディーラーに電話をして見積もりを出してもらい、それを相手の建設会社へ送ってもらいました。

翌日には振り込みが確認され、その後、無事に修理は完了しました。

被害にあってから修理完了まで1週間!

  1. 被害にあう
  2. 保険会社に連絡
  3. 建設会社に連絡
  4. 被害の確認
  5. 修理

被害にあってから車が直るまで、わずか1週間!!

迅速かつ丁寧な対応だったのは、さすが大手建設会社!と思いました。

さーさ
さーさ

被害にあったのに、むしろファンになるくらい。

ディーラーの方達も、いつも「やりすぎでは?」と思えるほどのサービスをしてくれるので、こちらも早い解決に繋がったと思います。

そして、苦情をいう時に私が気を付けた事。

「わざわざ来ていただいてすいません。」「早い連絡ありがとうございます。」など、低姿勢で攻めてみました。

相手もわざとやった事ではないのでね。
「低姿勢で早期解決!」おすすめです。

さーさ
さーさ

もしイチャモンつけてきたら、こっちもやったるぞ!
って心の中では思ってたけどね。ふふ。

以上、『工事現場で車を汚された!たった1週間で解決する方法』でした。

さーさ
さーさ

またね。

自動車保険の内容に満足していない方は、この機会に見直してもいいかもです。

保険の窓口インズウェブを利用すると、最大20社から一括で見積もりを取る事ができるので、保険料の比較もできますよ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください