ダスキンのレンジフードフィルターは簡単な掃除で6年後も綺麗が保てるよ

さーさ
さーさ

こんにちは。面倒くさがり40代主婦さーさです。

2か月おきにキッチンのレンジフードを掃除しています。
面倒くさがりのワタシが続けられているのは、ずばり、ダスキンのおかげです!

簡単に綺麗になるので紹介しますよ。

レンジフードの掃除の仕方

清流版を外して洗う。

まず、清流板の左右についているストッパーを押し、少し板を持ち上げながら清流板を外します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0858-300x225.jpg です

シンクに置いて、食器洗い用の洗剤をかけ、スポンジで泡泡にします。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0861-300x225.jpg です

しばし放置。

フィルターを枠ごと外す。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0865-300x225.jpg です

きちゃない。( ノД`)
表は汚れてるけど、裏は綺麗です。しっかりフィルターが仕事をしてくれた証拠です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0866-300x225.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0868-300x225.jpg です

フィルターは不燃ごみへ。枠は食器用洗剤で洗います。

クリーナーでレンジフードを拭く。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0875-300x225.jpg です

フィルター付属のクリーナーを使います。
これがとっても良く落ちる!

清流板をすすいで、自然乾燥させる。
乾いた枠に新しいフィルターを装着してレンジフードに着け、清流板も取り付け、終了。
さーさ
さーさ

めっちゃ簡単♪

6年使っても内側は綺麗なまま

ワタシは、家を建てた時からかれこれ6年、ダスキンのフィルターを利用しています。

使い続けている理由は、「このフィルターの特徴である、独自のガラス繊維に難燃剤を特殊加工したガラス繊維タイプが、万が一、フィルターに炎が当たっても引火しにくい」と言われているので、その安心感から。

そして、「油をしっかりキャッチして、汚れをフード内に通さない」と言うのを実感しているから。

2ヶ月おきのフィルター交換で、内側は全く掃除をしていません。
6年間もですよ!
なのに素手で触ってもべたつきなし。
あっぱれです。

フィルターの受け取り方法

通常、月に一度ダスキンさんが家までフィルターを持ってきてくれます。

最初の頃は『古いフィルターを外してもらい、枠を掃除して、新しいフィルターを取り付け』と言うところまでしてもらっていました。

とっても楽で助かるんだけど、時間を合わせないといけないし、多少キッチンの掃除もしなくてはいけないと思い、なんだか億劫になって。

今では、ダスキンさんの好きな時間に来てもらって、こちらが不在なら玄関先に置いて行ってもらうと言う作戦にしていますよ。

さーさ
さーさ

お互い、気楽が一番!

フィルターのレンタル料金

フィルターのお値段は、我が家の場合、3枚で¥2,300ほど。

これは各家庭のレンジフードの大きさや形状により、お値段が変わります。

初回のみ、専用のアルミ枠代が1枚数百円かかります。

そして、基本は月に一度の交換です。

が、我が家の場合、掃除がだんだん面倒くさくなり、新しいフィルターが溜まりに溜まってしまいました。
たぶん、売れば相当なお金になるかと。メルカリとか…

なので、交換を2ヶ月に一度にしてもらいました。
快くやってくれましたよ。

ダスキン代は、1ヵ月¥1,150ぐらいになりました

付けるなら早い方がいいよ

ダスキンのレンジフードフィルターの機能はとっても優秀です。
掃除のしやすさもピカイチ。

それでも「自分でベタベタを触りたくなーい」と言う人には、ダスキンさんが取り換え時に枠だけ綺麗にしてくれます。

もし、これからフィルターを付けようか悩んでいるんだったら、少しでも早く付ける事をおススメします。

今の綺麗をキープできますよ★

以上、『ダスキンのレンジフードフィルターは簡単な掃除で6年後も綺麗が保てるよ』でした。

さーさ
さーさ

またね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください