たった5日で退院!卵巣嚢腫の腹腔鏡手術

こんにちは。さーさです♪

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)の診断を受けてから2ヶ月半の待ち期間。
手術の知らせは突然にやってきました。

症状が無ければ手術は後回し

近所の婦人科で診断書を頂いたので、予約を入れた後、大学病院へ行ってきました。

診断書をもらうまでのお話はコチラです。

40過ぎておなかが膨れてきたら卵巣嚢(のう)腫を疑うべし

MRIやCT、腫瘍マーカーの採血をして、そこでの診断はやはり、「右卵巣に液体が溜まる卵巣嚢腫で、大きさ約17㎝、摘出手術が必要。」との事でした。

ただし、「おそらく良性の可能性が高いのと、今現在症状が何も出ていないので、このまま2、3ヶ月お待ちください。」と。

https://sa-sa-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2448.png
さーさ

まじでー。

確かに卵巣嚢腫の症状である便秘や頻尿、貧血や腰痛など何もない。
捻転と言う、激しい痛みを伴う卵巣卵管のねじれも、すでに大きく育ちすぎてびくともしないので安心らしい。

でもねー、破裂とか大丈夫なの?仕事してていいの?

「破裂したらすごい激痛だから、すぐに連絡してください。」って。

https://sa-sa-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2448.png
さーさ

・・・。

そうならないように、早めに病院来てるんですけどね。
まぁ、仕事も普通通りにしてていいそうなので、ちょっぴり残念だけど休まず働き続けます。

突然会社に手術の連絡が来ました

最初に病院へ行ってから2ヶ月後。

「変化がないから、また2ヶ月後に診断の予約を入れますね。もし手術のキャンセルとかが出たら、急に連絡するかもしれません。」なんて言われて。

「ワタシより重症の方がたくさんいるので、後回しでもしょうがないかぁー。」なんて長期戦を覚悟していたんですが。

ある日、普段通りにパートおばさんをしていたら、お昼に病院から電話が。

「明日手術ができるので、今日の午後2時までに病院にこれますか?」って。

https://sa-sa-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2448.png
さーさ

わお。

「もちろんですっ。2時は無理だけど3時には行けますっ。」

この機会を逃したらいつになるかわからないからね。
元々上司には状況を伝えてあったので、すぐに許可を頂き早退しました。

MEMO
急に職場に穴をあける可能性があるなら、前もって必ず上司に伝えておきましょう。
職場復帰した場合に気まずくならずに済みますよ。

入院時の持ち物

提出物
  • 入院同意書
  • 健康保険証
  • 高額療養費限度額適用認定証(必要な人)
  • 公費受給者証(必要な人)
  • 診察券
  • 意向確認書
  • 退院証明書

通常は手術が決まった時に、看護師さんから入院時の持ち物について説明があります。
書類は事前に記入して持ってくる事になるんだけど、なにぶんワタシは急だったので、旦那さまとワタシのはんこも用意しました。

必要な物
  • 常備薬
  • お薬手帳
  • 羽織るもの
  • 下着
  • タオル2枚
  • ティッシュ
  • 湯呑
  • 履きなれた踵を覆う靴
  • 洗面用具
  • 入浴用具
  • 寝巻(レンタルあり)

寝巻きは病院のレンタルを利用しました。
汚れるし、何度着替えても料金が変わらないので、ほとんどの方がそうしてましたよ。
病院によっては扱いが無い場合もあるので、ご確認くださいませ。

歯ブラシやシャンプー等は、院内のコンビニでも購入できます。

入院から手術はあっという間でした

病院に着いて、ベッドを選んで。
病室に入って、書類を書いて。

手術担当のドクターが来て。
麻酔のドクターが来て。
看護師が来てすでに絶食がスタートしている事を知り。

剃毛⇒下剤⇒トイレ⇒ベッド⇒トイレ。

この間、約5時間。
あっという間に消灯です。

翌朝7:30には息子が来てくれて、8:00に手術開始です。

もう流れ作業のように目まぐるしく、緊張してる暇もありません。

手術室に入り、麻酔をし、目が覚めた時には病室のベッドの上で。

付き添ってくれていた息子が開口一番、「お母さん、どうせ寝てるだけでしょ。俺帰るわ。」とさっさと行ってしまいました。

まぁ、その通り、術後はひたすら寝てましたけどね。

手術から退院もあっという間でした

卵巣嚢腫の手術には、腹部を切り開く開腹手術と、下腹部に穴を3~4か所開けて内視鏡カメラや手術道具を入れる腹腔鏡手術があります。

ワタシの場合は腹腔鏡手術で、まず溜まっていた液体を先に抜き、小さくしわしわになった卵巣を穴から取り出す。と言うものでした。

開けた穴は全部で4カ所。
傷口は1ヵ所3㎝ほどで、ムヒパッチみたいな丸いテープで貼ってあるだけです。

傷口の痛みは全くありませんが、おなかに力を入れると中の方が痛むので、寝返りを打つ時は要注意です。

しかしそれもすぐに楽になりました。

なので、手術翌日には点滴をつけたままトイレなど動き回り、夜には点滴を外して普通食も始まり。

さらに翌日にはシャワーも浴びて、動きはとってもスローだけど、普通に生活できてました。

https://sa-sa-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2448.png
さーさ

なんと術後3日で退院できたよー!

職場復帰は1か月後

ドクターは「3週間ぐらいで仕事復帰できるけど、重いものを持つ仕事なら1ヵ月みた方がいいね。」と言ってくれたので、診断書は1ヵ月自宅療養で書いてもらいました。

痛みはほとんど無いけど、体力が戻りません。おばさんだから。

買い物に行ったり、わんこと散歩したり、嫌いな掃除を隅々までしてみたり。

少しずつ体を動かして、来るパートおばさん生活に備えますよ。

参考:腹腔鏡手術の費用

  • 入院5日間 差額ベッドなし 自己負担額約18万円
  • 診断書(保険会社提出用) 1万円
  • 診断書(職場提出用) 3千円

以上、『たった5日で退院!卵巣嚢腫の腹腔鏡手術』でした♪

こちらも読まれてます。

もう検査を諦めないで!「おうちでドック」ならリーズナブルに自宅でがんのリスクチェックができるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください