不用品回収の「片付けサポーター」正直レビュー!かかった費用を公開

さーさ
さーさ

こんにちは。大学生の娘を持つ、40代主婦さーさです。

「家具や家電の不用品回収を頼みたいけれど、いくらかかるのか不安・・・。」

という方は多いのではないでしょうか。

今回、一人暮らしの娘が大学を卒業して実家に戻る事になったので、片付けサポーターに不用品の処分をお願いしました。

良いところや気になったところを正直にレビューしたいと思いますので、どこに頼もうか迷っている方は参考にしてみてくださいね。

不用品回収にかかった費用 33,000円

いきなりですが、まずはかかった費用をお知らせします。

さーさ
さーさ

33,000円!(税込)

内容をざっくりお伝えしますね。

洗濯機・冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・脚付マットレス・デスク・トースター・ドライヤー

これら全てが「処分」です。
買い取りできたものはありませんでした。

買い取り査定が付かない理由は「在庫が多い」

不用品を処分したいと思った時に、まずは「中古品として買い取ってもらえないか」と考えますよね。

片付けサポーターのサイトには、このように書かれていました。

すべてを不用品として撤去するのではなく、対応品の買取を実施させて頂く事で、結果として依頼金額がお安くなります。

片付けサポーター

ワタシも当然そう思い、その場で「査定してもらえませんか?」と聞いてみました。

さーさ
さーさ

冷蔵庫も洗濯機も、新品同様ピカピカに磨き上げておいたよ。

ところが以下の理由で断られてしまいました。

ー査定が付かなかった理由(我が家の場合)ー

  1. 家電の販売年数が2016年(5年前)のため
  2. 一人暮らしサイズの家電は、市場に在庫が多い
  3. マットレスはそもそも値が付かない

引っ越しで無印良品の新生活セットを処分したい!おすすめの業者5つ+1サイト の記事でも書いていますが、多くのリサイクルショップでは、一人暮らしサイズの家具や家電は在庫が余っているようです。

中古需要が少ないって事ですね・・・。

さーさ
さーさ

人気のある無印良品の物だから少しは期待してたけど、まぁ、しょうがないね。
残念。

片付けサポーターの回収当日の流れ

到着30分前に電話が来る。
到着後、すぐに見積もりを立て、納得できればサインをする。

その部屋の契約者(我が家はの場合は娘)の身分証明書を提示する。
・免許証
・健康保険証
・パスポート
※学生証は不可

見積もりに納得できなければキャンセルも可能(無料)。

そのまま回収。
作業が終わったらその場で支払いをする。

現金・クレジットカード・デビッドカード払い。

20分ほどで全て完了!

あっという間でした。

片付けサポーターの良いところ・気になったところ

片付けサポーター を利用してみて、良かったところや気になったところを上げてみますね。

ー良かったところー

  • 作業に無駄がなくスピーディーである
  • 見積もりが早い

部屋に入る前に挨拶をしてくれた事、作業中に無駄話が無く手際も良かったところなど、全体にきちんと教育されているなと感じました。

また、自分で捨てようと思っていたマットを「小さく切って捨てるのは面倒なので」と言って、追加で持って行ってくれた事を嬉しく思いました。

ー気になったところー

  • ほとんど確認する事なく「買い取り不可能」と言われた
  • 「部屋の片づけ」の料金が高いと感じた
  • 料金の内訳が不明

ワタシが片付けサポーターを利用したのは、「買取査定をしてもらって少しでも処分費用を安くしたい」と思ったからです。

しかし実際来てもらった時には、さっと部屋を見まわした後に数分で見積もりが出て、そこに買い取りは含まれていませんでした。

こちらから査定の話を出して、ようやく洗濯機の製造年月日を見ると言った感じで。

さーさ
さーさ

初めから査定する気はないのかな?と感じちゃったよ。

さらに、片付けサポーターのサイトにはサービス内容として、

どれだけ散らかっていても、どれだけ物が多くても対応いたします。お客様は何もしなくても、エキスパートスタッフが手際よく片付け。

お片付けの結果、引き取り可能でない物が出た場合(生ゴミ、家庭ごみ等)、当社によるお引き取りは出来かねる物は行政指定場所への搬出、建物内集積場所への搬出等の対応をさせて頂きます。当社エキスパートスタッフにご相談ください。

片付けサポーター

と書かれています。

ワタシは「部屋に残っている生活ごみ(チラシ、使いかけシャンプー、いらない食器など)の片付け&処分までやってくれる」と理解し、期待していたんですが、当日、その金額を聞いて諦めました・・・。

さーさ
さーさ

片付けまで含めると、6万円かかっちゃうんだって!

一人暮らしのワンルーム。

「お部屋や空間をお安く綺麗に片づけます」と書かれていたので、かかっても数千円かと。

さーさ
さーさ

まあ、ワタシの勝手な思い込みだけどね。

「あらかじめ料金が分かっていないと怖いな」と思いましたよ。

片付けサポーターと他の不用品回収業者との料金比較

幾つかの不用品回収業者が、ネット上に料金表を公開してくれています。

「我が家と同じものを処分する」と言う条件で比較してみました。

業者P業者K業者Dくらしのマーケット
洗濯機6,000円5,000円現物確認
冷蔵庫6,000円6,000円現物確認
炊飯器500円500円500円
電子レンジ1,000円1,000円
トースター500円500円500円
ドライヤー
デスク2,000円2,000円
マットレス3,000円4,000円
詰め放題25,000円40,000円36,000円(軽トラ)
10,000~18,000円
(2tトラック)
30,000~40,000円
← →

通常、個別のプランで申し込む場合は上記金額以外に、

  • 車両費(3,000円程度)
  • 人件費(1人追加5,000円程度)
  • 3階以上の階段(1,000円程度)
  • 分解作業(1品1,000円程度)

などが加算される事があるので注意が必要です。

片付けサポーター では、

  • 基本料金 0円
  • 車両代 0円
  • 出張料 0円

とし、「処分費用など全部まとめていくら」と言う感じで見積もりを出されるので、どの処分にいくらかかっているのか分かりません。

詰め放題になるのでしょうか?

例えば、我が家の処分品を上記3社の料金に当てはめて計算すると、27,500円になります。

  • 処分費用:19,500円
  • 車両費:3,000円
  • 人件費:5,000円

合計:27,500円

実際支払った料金は 33,000円なので、個別プランにしても軽トラ詰め放題にしても、他社と比べて少し高いのかな、と思います

「基本料金・車両代・出張料0円」としているなら、なおさら高いと思います。

まとめ

我が家の不用品回収にかかった費用は、家具・家電合わせて8点、33,000円でした。

買取査定が全くつかなかったのは残念だけど、20分で作業が終わったので、「素早く不用品を回収してもらいたい」と思っている方にはおすすめです。

また、出張・査定・キャンセル料は無料なので、見積もりに納得できない時にちゃんと断れる方もいいですね。

さーさ
さーさ

ワタシ、断れないタイプ・・・。

 片付けサポーター

買取査定は現物を見ないとできません。

なので、事前に料金が分からないのはしょうがないんですが。

くらしのマーケット のように、ホームページで回収料金を出してくれている業者を選んだ方が、安心だなと思いました。

さーさ
さーさ

33,000円なら、2tトラックの料金だよね。

以上、「不用品回収の「片付けサポーター」正直レビュー!かかった費用を公開」でした。

さーさ
さーさ

またね。

引っ越しで無印良品の新生活セットを処分したい!おすすめの業者5つ+1サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください