高齢の一人暮らしの母が転んで手首にひびが!娘のワタシができる事

こんにちは。さーさです♪

大型台風の翌日、一人暮らしの母が団地の階段の掃除をしようとして足を滑らせ、右手を付き、手首にひびが入ってしまいました。
利き手なのでとっても不便です。

親孝行のチャンス!
病院に連れて行ったり、料理を作って運んだりしましたよ。

骨折を疑ったら整形外科へ

最初に母から「手が折れた。70年生きてきたから分かる。捻挫じゃない。折れた。」と電話がかかってきた時は焦りました…。

ワタシは近くに住んでいるのですぐに様子を見に行くと、右手首が一回り大きく腫れ、熱を帯び、力が入らないのでだらーんと垂れさがった状態に。

https://sa-sa-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2448.png
さーさ

やっべーぞ。

近所に行きつけの整形外科があると言うのですぐに車で連れて行き、レントゲンを撮ってもらいましたよ。

高齢者の骨折は危険

ドクターから「手首にひびが入ってますね。一応骨折と言う事になりますが、骨がズレたりすることはないでしょう。」「とにかく動かさないで。氷などで冷やしてください。」「治るには時間がかかりますよー。」と言われました。

母は「絶対動かしちゃうから固定してくださいっ。」と訴えましたが、ドクター的には特に必要ないとの事。
「湿布すればかぶれるし、包帯撒けば汗疹できるし。」「僕ならじっとしてるよ。」とw

https://sa-sa-blog.com/wp-content/uploads/2019/09/ばーば.png
ばーば

あの医者は一人暮らしの忙しさをわかっとらん。

半ば強引に包帯を巻かせて帰宅しましたよ。

幸い、母は手首のひびで済んだけど、場所によっては厄介です。

高齢者の骨折しやすい部位

肩・脊椎・手首・股

特に股( 大腿骨近位部 )を骨折してしまうと、しばらく動けず寝たきりになってしまいます。
筋力や体の機能の衰えだけでなく、気持ちに張りが無くなる事によって認知症の症状が出やすくなると言われています。

骨折時に一人でできる事、できない事

母は利き手が動かせなくなったので、さぞ不便だろうと思ったら、意外と何でも一人でできてびっくりです。

〇できる事

洗顔・シャンプー・化粧・トイレ・着替え・洗濯・簡単な洗い物

痛めた手首をひねらなければ右手も使えます。
ゆっくりならできる事は多いですよ。

https://sa-sa-blog.com/wp-content/uploads/2019/09/ばーば.png
ばーば

左手で眉毛書いたら曲がったわ。

×できない事

料理・買い物・布団の上げ下げ

右手で包丁を持てないので料理ができません。
買い物も、お会計まではできるけど袋に詰めて運ぶことができません。
なので、しばらくは一緒に買い物して、ワタシが料理を作って母の家に運ぶことにしましたよ。

作った料理はプラスチック容器に入れて、一緒に食べて、洗わずに持ち帰るので、母の負担はありません。

持ち運ぶので、容器はロックができて軽いものがおススメです。

娘だから料理で親孝行

今まで実家に行けば母が料理を作ってくれるので、ワタシが作る事はありませんでした。
でも、ワタシにも娘がいます。娘がたまに作ってくれるカレーとか、すっごく嬉しいっ!
なのでしばらくは料理を運んで親孝行したいと思います!

ワタシは専業主婦だからできるけど、お仕事されてる方や実家が遠い方は、食事の宅配サービスを利用するといいですよ。
冷凍で届くので、必要な分だけ使う事ができます。

以上、『高齢の一人暮らしの母が転んで手首にひびが!娘のワタシができる事』でした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください